HOME
リフォームする
リフォーム工事をどこに依頼するか

リフォーム工事をどこに依頼するか

依頼する工事内容とリフォーム事業者の種類

建設業を営むためには、建設業許可を取る必要があります。建設業許可とは、建設業を営むために必要な建設業法に基づく許可のことをいいます。
しかし、リフォーム工事では受注金額500万円未満、増築工事は受注金額1500万円未満または延床面積150㎡未満の工事の場合、建設業許可が無くても工事ができます。
リフォーム工事も建設業の一部に属しますが、上記のような条件があることから小規模工事には、“悪質業者”も参入できてしまうのです。
悪質業者に引っ掛からないためにも、どこに工事を依頼するかが重要になってきます。

まず、間取り変更を伴うものや躯体の一部を補修するような工事の場合は、建設業許可を得ている会社を選びましょう。また、このような大規模な工事を行う場合は、建築工事全般を行える会社を選択するのが良いでしょう。
リフォーム工事を行う会社には、専門工事業者(防水、左官、タイル、設備など専門とする工事のみを行う会社)もあります。例えば「タイルを張り替える」ことだけを依頼するのであれば、タイルの専門工事業者にお願いすることがその分野を専門としているので良いですが、「家全体の内装を変更する」のであれば、クロスを貼り替えたり、左官壁を塗り替えたりなどさまざまな工事が発生するので、その全ての工事を請け負える会社を選びましょう。
ただし、近年では専門工事業者から総合的に工事を行えるように展開している会社も多数あります。その会社がどの分野を得意としており、工事範囲はどこまで対応できるか見極めることが重要です。
参考までにですが、会社名に「○○設備工業」などと“設備”という言葉が入っていれば、創業時は設備工事を専業としていたと思われますし、「△塗装」という会社であれば、塗装業から始まり現在に至っているのではないでしょうか。このように会社名から得意分野が分かる場合もあります。

リフォーム事業者の特徴と相性

前項で説明したように会社名から得意分野が分かる場合もありますが、これだけでは会社の特徴を全て掴める訳ではありません。
リフォーム工事は住みながら行う場合がほとんどなので、相性が大事です。工事を依頼する側も依頼される側も心地良く工事を行うために相性の良いリフォーム事業者を選びましょう。
リフォーム事業者の特徴を知るためには、やはり目で見て、話して感じることが一番です。そのために営業所やショールームや展示場に足を運び会社の雰囲気とそこで働いている人達の態度なども判断基準の一つになるでしょう。
それが難しい場合は、今はほとんどの会社がホームページを設けていますので、これまで手掛けたリフォーム実例やお客様の声、スタッフのブログなどを、参考にしましょう。
いずれにせよ、事業者の情報をしっかりと集め、対面して総合的に判断することが大事です。

リフォーム事業者を選ぶ基準

膨大な数の中からリフォーム事業者を選ぶのは一苦労です。「悪質業者だったらどうしよう…」と不安もあるでしょう。
そこで、ある一定基準を満たしたリフォーム業者を選定して紹介しているサイトをいくつか紹介しますので、これを参考に探し出してはいかがでしょうか。

  • (一財)住まいづくりナビセンター 運営 「リフォーム評価ナビ」
  • (一社)住宅瑕疵担保責任保険協会サイト内 「登録事業者等の検索サイト」

ページの先頭へ