HOME
リフォームする
見積書の取り方

見積書の取り方

リフォームプランを考える

工事を発注する前に、まず見積書を取らなければなりません。
見積書を取るためには、どのようなリフォーム工事をしたいのか施主の希望をはっきりさせておく必要があります。
ただ一口にリフォームといっても、劣化状態の復元や設備の更新のみでよい場合と、間取り変更なども含め暮らし方の見直しまで考えたリフォームと形態も規模もさまざまです。
その中で、どこまでのリフォームを希望するのか、リフォーム後のライフスタイルはどうしたいのかも併せて要望を明確にしておきましょう。

相見積りの注意点

1社だけでは不安な場合は、相見積りをとりますが、それぞれの会社がさまざまな書式を使い、独自の方法で見積書を作成するので、比較・検討するのは、なかなか難しい作業です。そこで、相見積りを取る際の注意点を解説します。
なぜ相見積りが必要かというと、1社だけだと言い値になってしまい、高額契約になってしまう恐れがあったり、逆に安すぎる見積りで、手抜き工事をされる心配もあるからです。複数から見積りを取ることで、どれくらいの金額が妥当なのか見えてくるでしょう。
ただし、「相見積り」の大切さは、金額を比べるというだけでなく、それまでの打合せの中で、複数の会社の人とやりとりをすることで、その会社の対応力や姿勢が見えたり、見積書の書き方、見積内容の説明の仕方で、仕事の丁寧さが分かったりと、発注を決める上で大切な要素が見えてくるからです。見積書は、その会社を写す鏡だといえます。

相見積りは、同一条件が必須ですが、そうでない場合が多々見受けられます。
たとえば、「フローリングを張り替える」というリフォームをしようとした場合、A社は、ならの単層フローリング、B社は、複合フローリング、C社は下地の張替え費用も含まれている、などと、違う種類・条件で見積書を作成している場合もあります。同じ複合フローリングだったとしても、メーカーが違ったり、材質が違ったり、塗装の有無や種類などで、金額が大きくバラツキます。 これでは、同一条件とはいえませんので、比較ができません。
そこで、見積りを出してもらう前に、条件をそろえておくことが重要です。どのフローリングを選ぶかは、プランニングの段階できちんと整理し決定しておかないと、相見積りを取る意味がありません。
材料の選定に際しては、各社から提案してもらったり、カタログを見たり、ショールームに足を運んで決定しましょう。

また、「間取りを変更する」などの大規模なリフォームの場合、どのようなプランにするかは、設計・施工会社のデザイン・提案力が問われます。そのプランによって見積書が作成されますので、仕様も金額もまちまちです。複数の会社から見積書を出してもらっているので、「相見積り」のように見えますが、条件が違うため金額の比較はできません。プラン、見積金額、対応力など、総合的に判断しましょう。

ページの先頭へ