HOME
省エネ
断熱材

断熱材

住宅の断熱とは、一口で言うと家を断熱材でくるんで、外気の熱や寒気を遮断し、「夏は涼しく、冬は暖かい」快適な住居環境をつくることです。
断熱をしっかり施すことで、家の中をある程度一定の温度に保つことができ、交通事故の死亡者数より多いといわれているヒートショック事故の防止や、さらには気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などの症状の改善が見られるなど、より健康で快適な住環境を造ることができます。
また、快適な住環境を得られるとともに、光熱費のコストダウンが図れ経済的で、CO2削減にも寄与するなど、断熱はこれからの家づくりには欠かせない重要なポイントです。

家の断熱はどのようにするの?

では、この断熱の工法には、どんなものがあるのでしょうか。大きく分けて3タイプあります。壁内の柱や梁などの軸組の間に断熱材を施工する充填断熱工法と壁の外側に断熱材を施工する外張断熱工法、そして充填断熱工法と外張断熱工法との組み合わせがあります。

充填断熱工法
充填断熱工法
外張断熱工法
外張断熱工法
充填断熱工法と外張断熱工法の組み合わせ
充填断熱工法と外張断熱工法の組み合わせ
 ※上図は一例です。組合せ方は、他にもあります。
図出典:住宅省エネルギー技術テキスト
企画・発行:(一社)木を活かす建築推進協議会

断熱材にはどんな種類があるの?

断熱する際に使用する断熱材にもいろいろな種類があります。
大別すると下表のとおりです。
他にも羊毛系やコルク系などの断熱材もあります。

断熱材の種類
形状
種類
フェルト状 ボード状 ばら状 現場発泡 主な工法
繊維系 細かい繊維の間に空気を閉じ込めたもの グラスウール 充填
ロックウール 充填
セルローズファイバー 充填
インシュレーションファイバー 充填
プラスチック系 独立した気泡の中に空気を閉じ込めたもの ビーズ系ポリスチレンフォーム 外張り
押出法ポリスチレンフォーム 外張り
硬質ウレタンフォーム 充填・外張り
ポリエチレンフォーム 充填
フェノールフォーム 外張り

断熱材にはどんな特徴があるの?

種類(材質)や形状ごとにさまざまな断熱材があることが分かりました。では次にそれぞれの特徴をみてみましょう。

繊維系断熱材

グラスウール
  • ガラスを高温で溶かして細い繊維状に加工した断熱材で、フェルト状、ボード状、ばら状の断熱材がある
  • 軽量で施工しやすく、床・壁・天井とどの部位にも施工可能で、主に充填断熱工法に使用される
  • 厚さや密度が高くなるほど優れた断熱性能を発揮し、吸音性にも優れる
  • 無機質なので不燃材で、有毒ガスも発生しない
グラスウール
ロックウール
  • 玄武岩、鉄鋼スラグなどの耐熱性に優れた鉱物を高温で溶かして、細い繊維状に加工した断熱材で、フェルト状、ボード状、ばら状の断熱材がある
  • 床・壁・天井どの部位にも施工可能で、主に充填断熱工法に使用される
  • 耐熱性のほか、撥水性、吸音性に優れる
ロックウール
セルローズファイバー
  • パルプや新聞の古紙などの天然の木質繊維を粉砕し、防虫、防火のための薬剤を配合してばら状に加工した断熱材
  • 機械を使って吹込みまたは吹き付けて施工するため、ボード状やフェルト状では施工しにくい筋かいなどにも施工しやすい。主に充填断熱工法に使用される
  • 木質繊維なので、湿気を吸収、放出する機能があり、結露しにくい
  • 防虫・防火効果があり、吸音性にも優れる
セルローズファイバー
インシュレーションファイバー
  • 木材の端材や廃材などを繊維化し、マット状、ボード状に成形した断熱材
  • 床・壁・天井・屋根などに施工でき、主に充填断熱工法に使用される
  • 木質繊維なので、湿気を吸収・放出する機能があり、結露しにくい。また、吸音性にも優れる
インシュレーションファイバー

プラスチック系断熱材

ビーズ法ポリスチレンフォーム
  • ビーズ状のポリスチレン樹脂を蒸気で発泡させ金型で成形した断熱材で、「EPS」とも呼ばれ、一般的には「発泡スチロール」として梱包材などでも使われている
  • 金型により成形するため、板や筒など自由な形に仕上げることができ、主に外張断熱工法に使用される
  • 水や湿気に強く、軽量で緩衝性が高い
ビーズ法ポリスチレンフォーム
押出法ポリスチレンフォーム
  • ポリスチレン樹脂に発泡剤や難燃剤を混ぜて押出成形したボード状の断熱材
  • 堅く耐圧力があり、薄くても断熱性能が高いため、外張断熱工法に適している
  • 水に強く、耐湿性があるため、基礎断熱にも適している
押出法ポリスチレンフォーム
硬質ウレタンフォーム
  • ポリイソシアネートとポリオールを主原料としたプラスチック発泡体の断熱材
  • ボード状のものと、現場で直接吹き付けて施工する現場発泡品があり、充填、外張断熱の両方に使用できる
  • 微細な気泡の集合体で、気泡には熱伝導率の極めて小さいガスが含まれ、優れた断熱性能を持つ
  • 現場発泡品は、自己接着性を持つため、接着剤を使用しなくても多くの材料と自己接着し、複雑な形状の構造物に対しても隙間のない断熱層を作ることができる
硬質ウレタンフォーム
ポリエチレンフォーム
  • ポリエチレン樹脂に発泡剤を加えて発泡させた断熱材で、細かな気泡で構成されている
  • 他のボードより柔軟性が高く、隙間なく施工することができ、主に充填断熱工法に使用される
  • 床や壁だけでなく、配管カバーなど断熱、防水と用途が多彩
ポリエチレンフォーム
フェノールフォーム
  • フェノールフォームに発泡剤等を混ぜてボード状に成形した断熱材
  • 主に外張断熱工法に使用される
  • 断熱性能が高く、経年劣化が少ない
  • 130℃までの使用に耐える耐熱性を持ち、炎が当たっても炭化するだけで延焼を防ぐことができ、防火性に優れている。煙や有毒ガスもほとんど発生しない
フェノールフォーム
写真出典:住宅省エネルギー技術テキスト
企画・発行:(一社)木を活かす建築推進協議会

どんなメーカーが、どんな製品を出しているの?

断熱材を製造販売している主な会社は以下のとおりです。

[断熱材メーカー]
アキレス・旭化成建材・旭ファイバーグラス・岩倉化学工業・王子製紙・カネカケンテック・倉敷紡績・JSP・JFEロックファイバー・積水化学工業・ダウ化工・デコス・ニチアス・日本製紙木材・パラマウント硝子・ マグ・イゾベール ・吉水商事など

また、以下に各メーカーの代表的な製品を一部ご紹介します。しっかり断熱材を施工することで、夏は涼しく、冬は暖かい快適な居住空間を実現できます。使用の際は、省エネ基準に沿って、適切な材料と厚さの断熱材を選択しましょう。設計を担当する設計事務所や工務店に相談に乗ってもらうのがよいでしょう。各メーカーも一般消費者向けに窓口を開いているので、問い合わせしてみるのもよいでしょう。

断熱材 製品例

  メーカー 製品名 熱伝導率(W/m・k)
グラスウール 旭ファイバーグラス アクリアマット 0.050~0.035
パラマウント硝子 ソフール
マグ・イゾベール マグオランジュ
ロックウール JFEロックファイバー アムマット 0.040~0.035
ニチアス ホームマット
セルローズファイバー 王子製紙 ダンパックコスモファイバー 0.040~0.035
デコス デコスファイバー デコスドライ工法
日本製紙木材 スーパージェットファイバー
吉水商事 セルダンD工法
ビーズ法ポリスチレンフォーム 岩倉化学工業 セルボード 0.033
押出法ポリスチレンフォーム カネカケンテック カネカライトフォーム 0.028
JSP ミラフォーム
ダウ化工 スタイロエース
硬質ウレタンフォーム アキレス アキレスボード 0.024以下
倉敷紡績 クランボード 0.028以下
フェノールフォーム 旭化成建材 ネオマフォーム 0.020
積水化学工業 フェノバボード 0.019

詳しい内容については『積算資料ポケット版住宅建築編』に掲載されていますので、こちらもご参照ください。

ページの先頭へ