HOME
省エネ
エコジョーズ

エコジョーズ

エコジョーズとは、排熱を再利用して、お湯を効率よく沸かす給湯器のことです。従来のガス給湯器を改良して、熱効率を95%にまで高めた優れものです。特徴は、ほかの高効率な給湯器よりも安価であることや、従来のガス給湯器と大きさが変わらず、比較的狭いスペースにも取付け可能なことでしょう。

エコジョーズ(ノーリツ)1エコジョーズ(ノーリツ)2エコジョーズ(ノーリツ)3写真提供:株式会社ノーリツ

どうしてそんなに効率がいいの?

図を見ていただければ、お分かりになるでしょうか?特徴は秘密は器内の上の方にある「2次熱交換器」があることです。これまでの給湯器では、ただの空間でしたが、エコジョーズでは、パイプを這わせて熱交換に使っています。つまり、今までは捨てていた余熱を使って、1次熱交換器に到達する前の水をぬるま湯にしてたんです。その結果、約95%という驚異的な高い熱交率を可能にしたというわけです。
なお、燃料は都市ガス(12A、13A)が標準ですが、LPガスタイプも同程度の能力を持っています。

エコジョーズの仕組み 従来型の給湯器エコジョーズ エコジョーズの仕組み

どんなタイプがあるんですか?

エコジョーズも従来のガス給湯器同様、いろんなタイプがあります。基本的には、フルオート(全自動)タイプ、オート(自動)タイプ、給湯専用タイプの3つです。メーカーによって、機能はやや異なりますが、全自動タイプならほとんどのことが、リモコンでできます。自動お湯はり、自動追焚き、自動保温、自動足し湯なんかはお手のものです。全自動タイプに暖房システムが付いたタイプもあり、床暖房や浴室暖房・乾燥、ミストシャワーが付いたものもあります。オートタイプは、自動足し湯機能がないくらいで、ほかはフルオートの機能と同じです。給湯専用は、追焚きや自動足し湯などができないので、家族の多い家庭やお風呂の時間がマチマチな場合には不向きかもしれません。

暖房風呂給湯器のできること 暖房風呂給湯器のできること

省エネ効果はどのくらいあるの?

エコジョーズの連続給湯時の熱効率が95%だというのは、すでにご説明しました。その結果、ガスの消費量が13%も減少し、大幅にランニングコストを削減しました。お金に換算すると、給湯だけなら、年間で約1万円、床暖房も合わせると約1万5000円も節約できます。
もちろん二酸化炭素排出削減効果もあります。これまでのガス給湯器が大気中に200℃の熱を出していたのに対し、エコジョーズは50℃、つまり、1/4程度の熱しか排出しないため、二酸化炭素の排出量も従来型に比べ約13%も削減できます。

エコジョーズとエコキュートどちらがいいの?

燃料がガスのエコジョーズ、電気が燃料のエコキュート。さて、どちらを選べばいいのでしょう。それぞれに特徴がありますので、この選択は悩ましいところです。オール電化のように、熱源を1本に絞り、火を使わないで生活したい家庭なら、エコキュートがお薦めですが、ガスとの関係をそのままにして、省エネな生活を手に入れたいなら、エコジョーズがお薦めです。

エコジョーズとエコキュート、どっちがエコ

  エコジョーズ エコキュート
熱源 12A、13Aの天然ガス。LPガスタイプもあり 電気。設置には専用の200Vの電源が必要
給湯方式 瞬間式湯沸し器(ガス給湯器と同じ) 自然熱を利用するヒートポンプ式で貯湯式
タイプ 壁掛型・据置型、屋外・屋内、
フルオート・オート・給湯専用
据置型、屋外、フルオート・オート・給湯専用
大きさ 床置式、壁掛式とも小型 W450×H600×D250~ 貯湯ユニット:W600×H1700×D650~
ヒートポンプユニット:W800×H650×D300~
質量 30~40kg 貯湯ユニット:90~100kg
(満水時は500kgを超える )
ヒートポンプユニット:40~50kg
工事費
(税抜)
フルオートで27万円~、その他配管工事が必要 フルオートで55万円~、
その他基礎工事、配管、専用配線工事が必要

お値段はどのくらい?

普及率が高まるにつれ、価格もかなり下がりました。
一般のガス給湯器と同様に、エコジョーズにも能力(2分間に水温+25℃のお湯を何リットル出せるか)別に機種が設定されています。16、20、24、28号などですが、この号数の違いとフルオート、オート、給湯専用などのタイプによって価格が異なるので、一言にいくらぐらいとはいえません。ただ、一般の家庭で普及しているのは、20号もしくは24号のフルオートあるいはオートタイプであり、実際には20~24号のオートタイプで18~20万円、同じくフルオートタイプで20~22万円程度で購入できるでしょう。取付工事は条件によって異なりますが、取付けのみだと3~3万5000円が目安でしょう。

エコジョーズには補助金はないの?

エコジョーズを含む高効率給湯器については自治体では補助金を出してるところがあります。今住んでいる県や市町村に問い合わせてみてください。
ついでに、もう一つ。ガス会社によっては、エコジョーズのガス料金を割引きしているところもありますので、こちらもガス会社に問い合わせてみてくださいね。

実際に取り付けるには?

それでは、実際にエコジョーズをご自宅に取り付けるにはどうすればいいのでしょう?早いのは、都市ガスならガスを供給しているガス会社、LPガスなら燃料店に相談すると確実です。でも、費用をできるだけ抑えたいと考えるなら、別の方法があります。例えば、近くのホームセンターやリフォーム店も相談にのってくれます。ともあれ、長期間使うことになりますから、アフターサービスのことを考えて、信用のおけるお店にお願いするのが一番ではないでしょうか。
主なエコジョーズのメーカーは以下のとおりです。

[エコジョーズメーカー]
ガスター・長府製作所・ノーリツ・パーパス・パロマ・リンナイ

また、3~5人家族用の24号サイズの大きさのものを一部掲載しています。先ほど述べた大きさやタイプによってさまざまな種類があります。工事費については『積算資料ポケット版住宅建築編』をご参照ください。

エコジョーズ 製品例

[24号、屋外壁掛型、フルオート、追焚き]の場合

メーカー・
品番
ガスター 長府製作所 ノーリツ パーパス パロマ リンナイ
IT4215ARS-CU GFK-S2431WKX  GT-C2452AWX-2
BL
GX-H2400ZW DH-GE2415APZL RUF-E2405AW(A) 
寸法 W480×D250×
H750mm
W470×D230×
H622mm
W464×D240×
H605mm
W470×D225×
H600mm
W458×D250×
H600mm
W470×D240×
H600mm
ページの先頭へ