HOME
省エネ
エコフィール

エコフィール

潜熱回収型のエコジョーズには、仲間がいます。それが「エコフィール」です。エコジョーズが都市ガスやLPガスを燃料にするのに対し、エコフィールは灯油を燃料にしています。都市ガスやプロパンガスが供給されていない地域や費用対効果で湯沸し器の燃料に灯油を選んだ家庭では、断然、優れたエネルギー効率のエコフィールがお薦めです。

エコフィール エコフィールエコフィール 写真提供:株式会社ノーリツ

 

エコフィ−ルの仕組みは?

エコフィールは灯油を燃やしてお湯をつくります。従来型の石油給湯機が捨てていた約200℃の燃焼ガスを再利用・再加熱することで、排気温度を約60℃にまで下げました。その分、熱効率は83%から、なんと、95%にまで高めることができたと同時に、二酸化炭素も13%削減できました。

水道直結式エコフィールの仕組み 従来型石油給湯機エコフィール 水道直結式エコフィールの仕組み

図は従来型の石油湯沸し機とエコフィールの仕組みを図解したものですが、従来型がこれまで捨てていた200℃の排気を、エコフィールは2次熱交換器として再利用しています。最初に入ってくる冷たい水は、まず、200℃の熱量を持つ2次熱交換器で温められ、さらに1次熱交換器に進み、1500℃で再加熱されますから、熱効率が圧倒的にいいんです。結果、排気ロスは5%と極めてわずかに抑えられることになりました。
仕組みとしては、エコジョーズと同じですが、これを石油給湯機でも行っているということになります。また、エコフィールはバーナーに工夫が施されており、着火音、燃焼音は約49dBに軽減されていますので、深夜や早朝にお湯を使っても近所迷惑にはならないと思います。また、着火や消火の際に気になった臭いもほとんどなくなりましたから、あのツーンと鼻を突く臭いから開放されました。

どんなタイプがあるの?

エコフィールには、使用目的に応じたいくつかのタイプが用意されています。フルオートは、お風呂のお湯はり、自動ストップ、追焚き、自動保温、自動足し湯、残り湯の沸かし直しなどを、リモコンのボタンひとつで自在に設定可能です。定量お知らせ機能の付いた給湯専用機もありますから、好みのタイプを選べます。
変り種としては、太陽熱温水器接続用エコフィールがあり、もし、自宅に「太陽熱温水器」が設置されていれば、それらとの接続でより一層の省エネ化を実現できるようです。
エコフィールはガスタイプの給湯器よりは、やや大振りで質量もありますが、お風呂、キッチン、洗面所などへ十分な量のお湯を供給できるなど、給湯量はエコジョーズに負けていません。エコフィールの給湯能力は46.5kW(40,000kcal)ですが、これをガス給湯器の号数に換算すると、26~27号に相当します。ただ、設置に関しては床置式だけなので、選択の幅は限られることになります。

エコフィールってどのくらい省エネ効果があるの?

熱効率が95%という驚異的な高効率の給湯器ですから、省エネへの期待も膨らみますね。従来型の石油ふろ給湯器(熱効率が83%)とエコフィール(同95%)を比べた場合、一般的な家庭で年間約79ℓの灯油が節約できますから、二酸化炭素の排出量も当然少なくてすみます。
試算では、従来タイプが出す二酸化炭素が、年間1,560kgに対し、エコフィールは1,363kgですから、排出量で197kg、比率では13%もの二酸化炭素が削減できることになります。エコフィールは地球環境に優しい給湯器だということが納得いただけましたか?
省エネ効果もそうですが、灯油の消費量を金額に換算してみれば家計にも優しい給湯器だってことも証明できます。年間79ℓ節約できるのですから、原油価格が急騰したときには強い味方になってくれるはずです。

エコフィールならこれだけ節約できます 年間18ℓポリ缶4.4缶の節約 エコフィールの省エネ効果

価格はどうですか?

給湯器ですし、競合品も多いので、そんなに高い価格ではありません。フルオート、給湯専用などで値差がありますが、どうせなら使い勝手のいいフルオートがお薦めです。
フルオートタイプの屋外据置型で、標準タイプのリモコン2台(台所用と浴室用)が付いた製品価格が1台当たり、20~25万円程度です。浴室用でインターホン付きなども選択できますが、数千円割高になるようです。同タイプのオートストップ機能の付かない給湯専用のエコフィール(リモコンは台所用のみ)は、フルオートより安く、15~18万円程度が市場の価格です。
ただ、残念ながら、エコフィールは本体だけを取り付けても使用できません。燃料が灯油ですから、本体に灯油を引き込んでこなければならないからです。既に、石油給湯機を使用していて、これをエコフィールに取り替えるリフォームなら、そうした問題は解決済みです。なぜなら、屋外に灯油タンクがセットされ、そこから送油用の配管が伸びているからです。でも、新しく灯油タンクの設置をするなら、タンクの容量が200ℓ以上なら、各地区の火災予防条例に従わなくてはならないので、所轄の消防署にご相談ください。
取付工事費は、本体だけなら5万円前後ですが、灯油タンクやコンクリート架台などが加わると10万円を超えることもあります。数社の見積りを取ってみてください。その際、消防署などへの書届けも代行してもらうといいでしょう。

オイルタンクの設置例 オイルタンクの設置例

エコフィールにも補助金があるの?

自治体によっては補助金を出しているところもありますので、今住んでいる県や市町村へ問い合わせてみてください。

どんなメーカーがあるの?取り付けるには、どこに相談したらいいの?

エコフィールを製造販売している代表的な会社は以下のとおりで、4~5人家族用の給湯出力46.5kWタイプで各社製品を並べてみました。価格にはリモコンを含んでいます。工事費については『積算資料ポケット版住宅建築編』をご参照ください。

[エコフィールメーカー]
サンポット・長府製作所・ノーリツ

それから取り付ける際は、新築なら、最初から、設計者や工務店にお願いして「給湯はエコフィールにしたいのですが」って話しておくのがいいでしょう。リフォームなら、燃料店が一番確かかもしれません。灯油の量が少なくなったら、いつも補給に来てくれる燃料店です。親切なアドバイスがもらえると思います。

エコフィール 製品例

[水道直圧式、屋外据置型、フルオート、給湯出力46.5kW]の場合

メーカー・品番 サンポット 長府製作所 ノーリツ
HMG-E477ASO EHKF-4765DSX OTQ-C4704AY BL
寸法 W595×D248×H895mm W595×D248×H895mm W540×D250×H770mm
ページの先頭へ