HOME
家づくりアドバイス
専門家からのアドバイス

専門家からのアドバイス

「動かせないところにお金をかけましょう」

限られた住宅の新築予算をどのように振り分けるか、みなさんは悩まれることと思います。住まわれる人の暮らし方で、その予算配分も変わってくると思いますが、新築ならまず「動かせない部分」にお金をかけてください。
具体的には、地盤調査と改良補強、基礎、構造躯体部分を充実させることです。
なぜなら、もし、軟弱地盤であることも知らずに家を建て、完成後に不同沈下が発生しても、土地の形によっては十分な修復ができないからです。土地の広さや工事の種類にもよりますが、調査と改良補強費として約100万円は確保しておいたほうが良いでしょう。
家の基礎部分も同様です。工法や用いるコンクリートの量や配合比、鉄筋の太さや配筋方法などでお値段が違いますが、上ものの構造躯体を大きくするのであれば、基礎も丈夫にしましょう。
動かせないといったら、柱や梁、壁なども動かせない代表格といえる部材です。これをガッチリつくることで、家が丈夫で長持ちする基本ができあがります。
在来工法であれば、柱や梁はできるだけ太くしておきましょう。柱や梁・桁は耐震性能をアップする要です。日本の建築基準法では、壁の持つ耐力を足し算し、家の重さの中心である「重心」と、外力に耐える要の「剛心」をできるだけ一致させることで地震に対する強さを表していますが、柱や梁が太いほうが良いに決まっています。
例えば、40坪で総2階の在来木造住宅を建てる場合、すべて3寸5分角のスギの特一等材で柱や梁が建てられるとしたら、それを4寸角にグレードアップするには約15万円で済みます。
さて、「スケルトン&インフィル」という言葉を聴いたことがあるでしょうか。
スケルトンとは骨格のことで、構造体を表示し、インフィルは内外装・設備・間取りのことを表します。この考え方の基本は、内外装や設備・間取りが干渉することのない耐久性の高い構造躯体をつくりさえすれば、構造を気にせず、住まい方の都合やライフスタイルの変化にあわせてインフィル部分が変更できるようになり、より長く暮らせる家になり、ランニングコストも下がって、資産価値もアップするというものです。一理あると思いませんか。

「動かせないところにお金をかけましょう」(工務店)

ページの先頭へ